So-net無料ブログ作成
検索選択

中国株の崩壊は、「世界的集落」の始まりか?



中国株の暴落が世界を震撼させましたよね。

ギリシア問題のとりあえずの終結、
中国政府の株価の介入買い支え策などで市場はいったん
小休止の様子を見せていますが、
今回中国株の暴落は今後の世界にどのような影響を及ぼしていのでしょうか?

日本の行方に関する超単期予想の著書
『なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?』の著者・松村嘉浩氏と、同書の草稿段階からアドバイスをしていました日興SMBC証券チーフ金利エコノミスト・森田長太郎氏に今後の予想をお聞きしました。


スポンサードリンク




中国株の暴落はバブル崩壊の典型的なパターンでしたね。

ギリシア問題と中国株の暴落はまったく同時に並行におこりました。ギリシア問題と中国株は関連していたのではないですか?

森田 ギリシア問題が、中国株に大きな影響を及ぼしたはずです。。ユーロや株価に影響を与えた第1次・第2次ギリシア危機(2010年、2012年)と極めて類似していて、概ねシステム的には遮断されていましたが、実は他の要因がありました。

市場関係者のほとんどが、ギリシア問題に関してはその影響は限定的だと理解していましたし、イギリスフランス債に影響することもなく、市場は冷静沈着でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。